スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧希望丘中の現地調査行いました




今日は、
健康友の会 船橋班の皆様や
地域の方とご一緒に、
旧希望丘中学校の現地調査を行いました


目的は、
希望丘中跡地に
「特別養護老人ホーム等の福祉施設を作ってほしい」との
地域の皆様の要望があり、
「今の中学校校舎も活用出来ないか」
との声もあり、
福祉環境コーディネーターの方もご同行して現状等調査しよう、ということです。


校舎をまわりながら、
「階段に手すりがないから大変。エレベーターも付けてもらわなくちゃ」
「廊下も広いし、造りもしっかりしているね」
「避難所になる体育館が3階にあるのは大変だ」
と、ワイワイ言いながら、
体育館や教室、給食室(外から)、校庭を見て周りました


その後は、意見交換会を行いました

福祉環境コーディネーターの方からは
今はユニット型(個室)特養ホームが主流なので、改修が必要だが、建物がしっかりしすぎていると自由度が少なくなる懸念がある。
敷地は広いので、認可保育園や障害者施設も避難所も充分まかなえる、
建物が完成する前から、行政等と意見交換が必要等々…、
専門的なご意見を頂きました


参加者からは、
「既存施設を利用する方がエコ」
「校庭は地域に解放して、団地内でやっている夏祭り等利用出来たら良いね」
「近くに区民集会所が不足していて、何かあると近隣も団地集会所を借りている。
そういう施設も作ってほしい」
「年金で入れるホームを作ってほしい」
「今度は軽費老人ホームの見学をしよう、赤堤なら近いしね」等々…
意見が出ました


本日参加は9名で、
「○○さんに誘われて、意見交換会から参加します」という方や
「ご近所に今日の現地調査のことを話したら、
『頑張ってー、署名とか協力するよ』と言われた」
というお話しもお聞きし、要望の強さを感じました


その後、船橋希望中の親御さんに会い、お話を聞くと
「2校が統合され、校庭も狭くなり、部活動に支障をきたしている。
校庭を残して、生徒が使えるようにしてほしい」
とのご要望をお聞きしました


地域の跡地活用の要望はたくさん有り、私ももっともっと皆さまからご意見ご要望をお聞きしたいと思います

そして、区に住民要望を伝え、まずは売却しないことを求める等
今後の行動が大切だと思いました





プロフィール

江口じゅんこ

Author:江口じゅんこ
生年月日 1975年 11月5日
出身地 目黒区
出身校 都立桜町高校卒→都立荏原看護専門学校卒
経歴 都立松沢病院に 2010年9月30日まで
看護師として12年半勤務

2011年4月世田谷区議会議員初当選
2011年6月現在、
区民生活委員会委員、
環境エネルギー問題対策特別委員会副委員長、
子ども青少年問題協議会委員

連絡先 〒154-0017 
世田谷区世田谷4-21-27
日本共産党区議団控室
TEL:5432-2791
FAX:3412-7480
E-mail:eguchi@jcp-setagaya.jp

江口 じゅん子ホームページ
http://egucheese.net/link

日本共産党世田谷区議団ホームページ
http://www.jcp-setagaya.jp/kugidan2/jcp-setagaya-kugidan/toppu/toppu.html





趣味 旅行

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。