スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さよなら原発世田谷の会の川場村放射線測定結果報告会


今日は上記の会が行われ、参加しました

上の写真は後ろから撮ったので、良く分からないかもしれないのですが
お母さま等子育て世代の参加が多く、43名の参加でした


まず、
会メンバーであり、原発の専門家の方からの
詳細な川場村調査報告が行われました

●これまで3回の現地調査を行い、その都度区長や区に申し入れを行い、問題点や改善を要求してきた

●5/11の現地調査では、
除染工場箇所では0.23マイクロシーベルト/hであったが、
それを外れた所では
最大 地表0.708マイクロシーベルト/h、
地上1m0.420マイクロシーベルト/hを測定した
(詳しくは、「会」ホームページ参照)

●区の除せんは範囲を限定しているので、
除せん工事箇所のすぐ隣の場所(子供たちが活動するだろう場所)で、高い放射線量が測定された

●部分的な除せんでは限界があり、林や山に囲まれた区民健康施設では、敷地全体をくまなく除せんしなくてはならない

●内部ひばく防止の観点が
区は欠けており、
土壌や落ち葉の放射線分析と結果の公表が必要

●撒き散らされた放射線物質をゼロにするには不可能であり、
今後も放射線測定と除せんの継続が必要

●除せん出来ない箇所には、
子供が近寄らないような対策が必要
等々…報告と区への指摘が行われました。


その後は、意見交換です

お母さま達から
「悩んで悩んで移動教室に参加させた。参加させないことで子供の世界でどんな影響があるか不安で…」
「欠席させる子供への対応をきちんとしてほしい」
「学校は実施を前提に動いており、意見とか言いにくい雰囲気」
等、たくさんの意見が出ました。


共産党区議団からは
「共産党はこの間の調査活動を通してまた保護者の方々からのご意見を聞いて、
移動教室は中止にすべき、との結論に至った。
区議会では、保護者の方が出した陳情が採択され、世論が区議会や区を動かしてきている。」
と発言しました。


これから6月議会が始まります。

私は、
今日のお母さま達からの意見や調査をもとに、
川場村移動教室について質問予定です。

お母さま達の気持ち、何より子供を守る立場を大切に質問していきます

スポンサーサイト
プロフィール

江口じゅんこ

Author:江口じゅんこ
生年月日 1975年 11月5日
出身地 目黒区
出身校 都立桜町高校卒→都立荏原看護専門学校卒
経歴 都立松沢病院に 2010年9月30日まで
看護師として12年半勤務

2011年4月世田谷区議会議員初当選
2011年6月現在、
区民生活委員会委員、
環境エネルギー問題対策特別委員会副委員長、
子ども青少年問題協議会委員

連絡先 〒154-0017 
世田谷区世田谷4-21-27
日本共産党区議団控室
TEL:5432-2791
FAX:3412-7480
E-mail:eguchi@jcp-setagaya.jp

江口 じゅん子ホームページ
http://egucheese.net/link

日本共産党世田谷区議団ホームページ
http://www.jcp-setagaya.jp/kugidan2/jcp-setagaya-kugidan/toppu/toppu.html





趣味 旅行

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。