スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真っ只中だからこそ

今日は、地域をまわり震災に関するお困りごとやご要望をお聞きする活動をしました

赤旗の「共産党の活動のページ」の記者さんがいらしてました

取材の主役は、
「4月の本番に向けて、地域で活躍する党の支部の方」です
(ここで日本共産党マメ知識私たちは、地域・職場・学校で党員が3人いれば“支部”を作り活動します
全国の支部の数は郵便局より多いのです)」です

私も写っているので、明日の赤旗日刊紙を見てみて下さいね


さて、地域を回りましたら
「今度は、夫婦で共産党にしようと話しあっていた」というお宅にお邪魔させて頂きました

きちんと私どものビラがとっておいてあり、嬉しかったです

またあるお宅では
「私の身内は、昔社会党の国会議員だった。世のため人のために頑張ってね」
と励まして下さいました


地域に出ると今までつながりのなかった方に出会え、励まされることが多いです

世間では、「選挙自粛モード」だそうです。

確かに日々悪くなる原発の問題や避難を続けている方も沢山いらして、それどころではない、という気持ちもそのとおりだと思います。

だからこそ私達 日本共産党は国会で
「4月の都政や区政を改める例の行事を全国的に延期」
を申し入れたのに、自民公明民主の反対で実現出来ず残念でした

私は大震災の混乱と不安の真っ只中でやるからこそ、
誰が私達の命や暮らしを守ってくれるのか、
誰が防災に強い街を作るのか
きちんと見分ける必要があると思うし、
私自身がしっかり訴えたいと思います


残り1か月を切りました
更に気を引き締めて日々の救援活動と仕事を頑張っていきます

コメントの投稿

非公開コメント

No title

統一選挙で、
岐阜県が自粛モードで愛知県と三重県は今のところありませんが、
自粛ムード傾向ありつつが心配です。
今週からボランティア、自治体で救援物資が始まって、
被災地へ行き、長期的に行く人もいるので。
統一選挙延期すべしです。

選挙自粛問題

知事選挙の第一声を自粛した民主党や自民党や公明党は、被災者への誠実な態度のつもりかもしれないけど、統一地方選挙の全国的延期に反対しながら予定通りの選挙で第一声を自粛する事じたいに節操のなさを感じます(-"-;)。

だいたい立候補の届け出をしておいて選挙活動の自粛をするという事は、選挙の開票作業に携わる人に余計な手間をかけさせているわけだからそんな彼らに対しても失礼だと思います。

選挙活動を自粛する候補者の陣営が、立候補の届け出を辞退して候補者数と定数が同じになるようにすれば、開票作業に携わる人の手間も省けるというものだと思います。選挙自粛勢力は自分たちにムダに働かされる選管の立場を考えろ!と言いたいですね(-"-;)。

選挙延期を提案し、予定通りとなった選挙でも活動自粛せず選挙戦に挑む日本共産党は正々堂々としてて立派だと思います(^O^)。選挙というのは当落が絡むだけに、立候補を届け出て選挙活動自粛する政党候補者は「宝くじをとりあえず買っておこう」てな感じの軽薄な行動にも見えます(-"-;)。
プロフィール

江口じゅんこ

Author:江口じゅんこ
生年月日 1975年 11月5日
出身地 目黒区
出身校 都立桜町高校卒→都立荏原看護専門学校卒
経歴 都立松沢病院に 2010年9月30日まで
看護師として12年半勤務

2011年4月世田谷区議会議員初当選
2011年6月現在、
区民生活委員会委員、
環境エネルギー問題対策特別委員会副委員長、
子ども青少年問題協議会委員

連絡先 〒154-0017 
世田谷区世田谷4-21-27
日本共産党区議団控室
TEL:5432-2791
FAX:3412-7480
E-mail:eguchi@jcp-setagaya.jp

江口 じゅん子ホームページ
http://egucheese.net/link

日本共産党世田谷区議団ホームページ
http://www.jcp-setagaya.jp/kugidan2/jcp-setagaya-kugidan/toppu/toppu.html





趣味 旅行

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。