スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二子玉川住民説明会に参加

今日は、二子玉川再開発事業の住民説明会に行きました


二子玉川は、
これから2期工事が計画されいて、
137メートル地上30階建てのビルに
ホテル・オフィス・映画館等が入る予定です。


説明会はきれいな会場で開催され、スタッフの方も沢山いて、私たちは「大切なお客様」という扱いです。

開催前には事業者から「あくまでも2期工事に関しての説明にして下さい」「質問する際は住所と名前を言って下さい」「記録のため後ろから撮影させて頂く」という説明がありました。

まずVTRで工事概要説明です。

心地よいBGMにプロのナレーションがつき、「環境に配慮」「ユニバーサルデザインで」等々耳障りの良い言葉が続きます。

ただ「日陰」「風害」というビルが建つことによる被害については、説明やフォローがない印象を受けました。


事業者の説明を聞いた後は、質疑応答です

住民の方から特に出された質問は「風」による被害です。

「ビル風が強すぎて多摩堤通りを横断できない」「風で転倒し骨折したお年寄りがいる、実態を把握しているのか」「説明VTRでは風環境評価のレベルが被害が少ない、となっている。現実と全然違っている」等沢山の不満・意見が出されました。

事業者回答は
「実験と実態の解離は認識している。植栽や防風スクリーンをつけたり対応しつつある」「風被害について調査・検討中。完成後も必要な対策を考えざるをえない。」等でした。

会場には「説明になっていないよ」等怒号がとびます。

また
「この再開発には700億円の税金が使われる(今年度予算では45億円)のに、公共施設を作る予定がない。
玉川地域には区民会館も小さいのしかないし、図書館も無い。郵便局は小さいのが1つだけでいつも混みあっている。税金を使うなら公共施設を作って」
という意見が出されました。

回答は
「公共施設を作る計画は無い。ただリボンストリート(道路)などを作るので、そういう役割は担っている。」でした。

その他様々なご意見が出されましたが、時間いっぱい、で終了となりました。


今日の感想は、表向きは綺麗な会場で「ゲスト」のような扱い、耳障りの良い言葉や音楽が並ぶけど、
事業者に全く住民生活や再開発による苦しみ・声を斟酌する考えはないんだな、ということです。

“とりあえず住民説明会開いた”“この場だけ頭下げとけ”という感じです


なんだか暗たんたる気持なりました

でも今日ご一緒に参加した後援会の方、住民の方は、何度も裏切られ悔しい思いをしてきたんだと思いました。

それでも粘り強く反対運動をしてきたんだ、と思います。


私も皆様とご一緒に一歩ずつ進んでいきますからね

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

江口じゅんこ

Author:江口じゅんこ
生年月日 1975年 11月5日
出身地 目黒区
出身校 都立桜町高校卒→都立荏原看護専門学校卒
経歴 都立松沢病院に 2010年9月30日まで
看護師として12年半勤務

2011年4月世田谷区議会議員初当選
2011年6月現在、
区民生活委員会委員、
環境エネルギー問題対策特別委員会副委員長、
子ども青少年問題協議会委員

連絡先 〒154-0017 
世田谷区世田谷4-21-27
日本共産党区議団控室
TEL:5432-2791
FAX:3412-7480
E-mail:eguchi@jcp-setagaya.jp

江口 じゅん子ホームページ
http://egucheese.net/link

日本共産党世田谷区議団ホームページ
http://www.jcp-setagaya.jp/kugidan2/jcp-setagaya-kugidan/toppu/toppu.html





趣味 旅行

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。