スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石巻ボランティア日記1日め

今日から、議員団として2泊3日の宮城県石巻でのボランティア活動が始まりました

この活動にあたって、地域の方から44600円の義援金をお預りしました

ご協力下さった皆様、有難うございました


仙台でレンタカーを借りた後、予め現地救援センター(石巻東部地区委員会)から
「生鮮食品とくに葉物野菜を援助物資として要望、被災地の経済支援のため現地調達をお願いしたい」
と要請されていたので、その買い出しへ

そして、生鮮食品と皆様・里吉区議(赤ちゃんがいるので東京で活動中)からお預かりした義援金を石巻の地区委員長へお渡ししました

現地では「お届け隊」と称して、被災者の皆様へ1回で50人分の食品を届ける、とのことです

だから、とても喜ばれました


その後いよいよ現地の状況を見に行きました


石巻市は、海に面しており漁港・水産加工が盛んな地域です

しかし「無堤防地区」だったため、津波と火事併発で沿岸部の街・産業はメチャクチャに破壊されてました。

見渡す限りの破壊された街・ガレキの山です。


死者行方不明者5千人被災者9千人の甚大な被害です。

現場のすごい迫力と
津波によりそれまでの普通の生活が街が破壊されたことに、
「これは一体、何をどうしたらいいのだろう・・・」と呆然としました。


避難所では、
そこの責任者となっている共産党庄司市議のお話をを聞きました

私の地域の方が、以前庄司市議とお付き合いがあり、伝言と荷物を預かっていたのでお会い出来て良かったです

庄司市議からは
避難所をまわりながら、概要とこれまでのことなどをお聞きしました。

自分たちで話し合い交渉して、自衛隊による配食時間18時にしたこと(他の避難所では16時半という場合がある)、

ボランティアがいなければ避難所の運営は成り立たないこと
(汚泥撤去等は1日単位で良い、避難所ボラは1週間単位でないと支援しづらい、と)、個人的には1日の休みも自分の時間がない状況等々。


大変な現状を前に、ただ
「私たち世田谷地区委員会はこれからも支援し続けます、何でも言って下さい」とお伝えしました


また明日も報告を行います

コメントの投稿

非公開コメント

No title

江口さん、お疲れ様です。現地報告有難う。身体に気を付けて。
プロフィール

江口じゅんこ

Author:江口じゅんこ
生年月日 1975年 11月5日
出身地 目黒区
出身校 都立桜町高校卒→都立荏原看護専門学校卒
経歴 都立松沢病院に 2010年9月30日まで
看護師として12年半勤務

2011年4月世田谷区議会議員初当選
2011年6月現在、
区民生活委員会委員、
環境エネルギー問題対策特別委員会副委員長、
子ども青少年問題協議会委員

連絡先 〒154-0017 
世田谷区世田谷4-21-27
日本共産党区議団控室
TEL:5432-2791
FAX:3412-7480
E-mail:eguchi@jcp-setagaya.jp

江口 じゅん子ホームページ
http://egucheese.net/link

日本共産党世田谷区議団ホームページ
http://www.jcp-setagaya.jp/kugidan2/jcp-setagaya-kugidan/toppu/toppu.html





趣味 旅行

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。