スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予算特別委員会の江口質問報告


今日は、私の企画総務領域の質問を行いました

予算特別委員会は、
5つの専門領域(企画総務、区民生活、都市整備、教育、福祉保健)に分けて議論します。(その他に、初日の総括質疑と最終日の補充質疑がある)


今日私は一般質問に続いて、
平和問題について質問しました

区は平和市長会議に呼び掛けられた、
「核兵器禁止条約の早期実現を求める署名」活動推進のため、
区ホームページに署名リンクを貼っています


しかし、ホームページのトップページにお知らせや
リンクが貼っているわけではないので、
自分でリンクページを探さなくてはならないし、
またパソコンを使えない方は、署名が出来ません

しかも、署名用紙に署名をしたら、自分で広島市の市長会議事務局に送らなくてはいけなくて、
区民の負担になります。


私は、区に
「ホームページの工夫」や
「区で署名用紙を集約し、広島に届けるのも、一つの支援。検討すべき。」という要望や
「区役所や行事の際、署名コーナーを設置しては」
「町会やNPO等の市民団体と協力し署名活動を推進しては」との提案をしました

区は、「ホームページは分かりやすく工夫する。郵送は検討する。署名コーナーに取り組みたい」
との前向きな回答でした


この取り組みのそもそもは、
1月に広島で行われた「平和市長会議」の国内加盟自治体が集まった会議で決まったことです。

私は、副区長に上記の会議出席の感想もお聞きしました

副区長は、「広島の原爆資料館も見て、改めて恐ろしさを実感した」旨の感想を自分の言葉で話されました。


またその会議では、
8月を目安に被爆や平和を訴えるポスター展や企画に取り組むことも決めたので、
区の具体的な計画を聞きました。

区は、「ポスター展に取り組みたい」と回答したので、
被爆者団体協議会が作成した原爆パネルを購入してはどうか、
と提案もしました

そして平和企画の方は、
昨日レインボー世田谷の上川 あや議員が質問された、
「区内に遺っている山の手空襲の被害を受けた木などの戦争遺跡を、
後世に語り継ぐべき」
「戦争や被爆体験者の声を映像で遺すべき」(区長は昨日、上川議員のこの質問に映像に関しては、早速取り組む、と答弁しました)
内容を、
ぜひ区として取り組むよう要望しました


所属する党や立場は違っても、
平和を願う気持ちは同じで、
これからも多くの方々と力を合わせていきたいと思います


福島原発事故後、区民の皆さまの核や放射能に対する意識が変わってきていることを実感します

だから、区が主体的に署名活動や平和の取り組みをすれば、
多くの区民が応えて下さると思います


私も力を合わせて、前に進んでいきたいです

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

江口じゅんこ

Author:江口じゅんこ
生年月日 1975年 11月5日
出身地 目黒区
出身校 都立桜町高校卒→都立荏原看護専門学校卒
経歴 都立松沢病院に 2010年9月30日まで
看護師として12年半勤務

2011年4月世田谷区議会議員初当選
2011年6月現在、
区民生活委員会委員、
環境エネルギー問題対策特別委員会副委員長、
子ども青少年問題協議会委員

連絡先 〒154-0017 
世田谷区世田谷4-21-27
日本共産党区議団控室
TEL:5432-2791
FAX:3412-7480
E-mail:eguchi@jcp-setagaya.jp

江口 じゅん子ホームページ
http://egucheese.net/link

日本共産党世田谷区議団ホームページ
http://www.jcp-setagaya.jp/kugidan2/jcp-setagaya-kugidan/toppu/toppu.html





趣味 旅行

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。