スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外環道に関する国会院内集会に参加


今日は参議院議員会館で上記があり、行って来ました

主催は「外環ネット」(外環道問題に取り組んでいる計画地沿線の住民団体で作っている組織)です。


集会では、
まず国会議員の挨拶から始まりー日本共産党からは田村 智子参院議員、笠井 あきら衆院議員が出席ー、
田村議員は1兆円の税金投入となるが、30年かけても採算がとれない等国会質問で明らかになったことを報告してました。


そして、
外環ネットの住民代表が疑問点を国交省や環境省に直接質問し、回答を聞く予定だったのですが…、
なんと来る予定の国交省が「きちんと回答できる準備をしたい」等との理由で来なかったのです

これにはビックリしました『ちょっとどうなの』と思いましたが、
また日を改めて説明の場を設ける予定とのことでした。


そういうわけで環境省相手にやり取りが始まり、以下二点
●大気汚染
●大蔵の準備工事予定地の土壌から鉛検出
に絞られ質疑応答が行われました。

住民側が
○汚染した土壌であることが判明した以上更なる調査をすべき。環境省として対応するべきでは?
○国交省が土地の「地歴調査」をきちんと行っておらず、行政への情報公開等で産廃が埋められ、かつ過去不法焼却による火災があったことなど明らかになっている。
地歴調査がきちんとできていない点について、環境省として指導できないのか?
○汚染された土を川崎の産廃処理場に運ぶのは「土壌汚染対策法」に基づく届け出と違うことになるのでは?
等々…質問が有りました。


環境省は
「土壌汚染対策法」に則って対応しているが「強制力はない」とか、「どうするかは自治体判断」とかそういう答弁で、
聞いてて「どこの役所でも官僚答弁は似かよってて、きちんと答えないもんなんだなー
」と思いました。


その後、外環ネットの皆さまが本来国交省に聞きたかった質問をレクチャーして下さいました。

国は「環八の渋滞緩和」を建設の利点で述べるが、
交通量調査により既に環八の交通量は減っていること、
B/C(費用対便益)の根拠となる周辺道路の交通量調査等は全体の2%しか明らかにされていないこと等々…
国交省の説明がいかに根拠がないか、説明出来ていないかが良く分かりました。

住民側の調査は本当にシッカリしていて、
こうした住民側の指摘に答えられないから、今日国交省は来なかったのかな?と思いました。


今日はとても勉強になりそして「勉強することがたくさんあるなー」と思わされた集会でした

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

江口じゅんこ

Author:江口じゅんこ
生年月日 1975年 11月5日
出身地 目黒区
出身校 都立桜町高校卒→都立荏原看護専門学校卒
経歴 都立松沢病院に 2010年9月30日まで
看護師として12年半勤務

2011年4月世田谷区議会議員初当選
2011年6月現在、
区民生活委員会委員、
環境エネルギー問題対策特別委員会副委員長、
子ども青少年問題協議会委員

連絡先 〒154-0017 
世田谷区世田谷4-21-27
日本共産党区議団控室
TEL:5432-2791
FAX:3412-7480
E-mail:eguchi@jcp-setagaya.jp

江口 じゅん子ホームページ
http://egucheese.net/link

日本共産党世田谷区議団ホームページ
http://www.jcp-setagaya.jp/kugidan2/jcp-setagaya-kugidan/toppu/toppu.html





趣味 旅行

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。