スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国交省に外環道「着工式」への抗議を伝える


今日は外環道に関して、
国交省道路局からのレクチャーがあり、参議院議員会館に行ってきました。


出席者は、
田村智子参院議員、笠井 あきら衆院議員、たぞえ民夫都議、
宮本とおる衆院予定候補、吉良よしこ参院予定候補、佐藤なおき衆院小選挙区予定候補です


まず、鉛検出に対しての
国の対応を聞きました。

8月30日の東京都環境局との話し合いでは、
『想定外の鉛検出に対して、都は土壌対策汚染法(土対法)にもとづく再申請を
国に求めている』とのことでしたので、
まずその認識を国交省に問うと、なんと回答は「そういうことは言われていない」と。

一瞬頭が「はっ」となりましたが、私たちも色々聞き、抗議しました。
以下、やり取りのまとめです。


国は
●準備工事は、
7月の住民説明会での住民からの再調査の要望を受けて、
以前調査した三ヶ所の周辺四ヵ所の再調査をしている。
しかし、深さや方向については今は分からない。また、いつ結果が出るか分からない。

●国としては、鉛は出ているという事実認識だが、産廃が埋まっているということに対しては、地歴調査でそういった事実確認は出来ていないので分からない(つまり、産廃については認めていない)

●都からはガイドライン通りにやってほしい、と言われているが、再申請しろとは言われていない
(都からの指導が、外環事務所で止まっていること等考えられます)

●新たな調査結果を踏まえて、都環境部局と相談し、
住民説明会など行う予定

●今後のスケジュールは、
現在土壌の再調査中ですので…。
(つまり、準備工事は止まっている)


私たちからは
「きちんと地歴調査をすることで、敷地内のどこを調べたら良いか分かるのでは?
再度、地歴調査からするべきだ」
「住民からの産廃が埋まっている、という情報や不安に対して、ヒアリングをふくめてきちんと再調査するべきだ。
以前と同様の調査をされているようでは、困る」
等々抗議。

国は、
「ですから私たちはちゃんと地歴調査しましたから。
何かあれば、都から指導があるはずですから。」
「都環境部局と相談してますので」
との返答でした。


最後に日本共産党として、
笠井衆院議員から
「昨日は着工式が行われた。
消費税導入も予定されているなかで、一兆円以上の国費投入が予定されている。
土壌汚染問題など、様々な問題が解決してないなかで、
着工式を行うことに抗議する。国民は納得しない。
また、着工式をしたからといって、次々進むことは許されない。」
と強い抗議を申し入れました。





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

江口じゅんこ

Author:江口じゅんこ
生年月日 1975年 11月5日
出身地 目黒区
出身校 都立桜町高校卒→都立荏原看護専門学校卒
経歴 都立松沢病院に 2010年9月30日まで
看護師として12年半勤務

2011年4月世田谷区議会議員初当選
2011年6月現在、
区民生活委員会委員、
環境エネルギー問題対策特別委員会副委員長、
子ども青少年問題協議会委員

連絡先 〒154-0017 
世田谷区世田谷4-21-27
日本共産党区議団控室
TEL:5432-2791
FAX:3412-7480
E-mail:eguchi@jcp-setagaya.jp

江口 じゅん子ホームページ
http://egucheese.net/link

日本共産党世田谷区議団ホームページ
http://www.jcp-setagaya.jp/kugidan2/jcp-setagaya-kugidan/toppu/toppu.html





趣味 旅行

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。