スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「行革」計画への意見を区に伝えて下さい


今日は、地域を回っています

訪問させて頂くと、本当に色々地域のことが分かります。


あるお宅では、奥さまが寝たきり(人工呼吸器使用、胃ろうあり)のご主人を介護されていました。

ご主人にお会いしたのですが、本当にお世話が良く行き届いていました。

ご夫婦が助け合って仲良くやってこられたんだなーとか、でも大変なことの方が多いんだな、とか色々感じました。


奥様は
「今は病状が落ち着いているからいいけど、何かあったらと思うとね…。本当に綱渡りよね。」
「寝たきりで声も出ないけど、やっぱり(ご主人が)いると落ち着くんですよ。
入院しているときは、ちょっと物音がするだけでも怖くて」
「今は色々な減免制度があるから、年金でも何とかやっていけてるんですよ。
区がオムツの支給を減らすんですか?知らなかったです。困りますよ~。
ちょっと前まで病状が落ち着かなくてオムツ代は月3000-4000円の自己負担だったんですよ。
(区は、行革で
紙オムツ支給 月50点→40点へ、
助成6000円→5000円の削減を提案している)

今は落ち着いているから、月2000円の負担ですんでるけど。
医療費とか、色々お金かかるのに。」
「皆さんに甘えてばかりで申し訳ないけどねぇ、ワガママさせてもらって…」
と仰っていました。


まだまだ区が紙オムツ支給助成を減らそうということを知らない方がいます。


介護が必要な高齢者にとって、紙オムツ支給・助成は命綱といっても言い過ぎではないと思います。

生きている限りは精一杯お世話したい、
そして生きていたい、というご家族・患者さんに必要不可欠なものを削るなんて、
やっぱり納得出来ないし、認められない、と思います。


世田谷区は、9/15発行の「区のお知らせ」で、オムツ支給助成の切り下げを含む行革計画への区民意見公募を行います。
(上の写真が実物の一部)

10/9必着で、ハガキや封書やファックスやメールで意見を述べることが出来ます。

世田谷区役所
154-8504
世田谷区世田谷4-21-27

メール区役所ホームページから

ファックス
高齢者紙オムツに関しては5432-3021


皆さまもぜひ世田谷区に意見を届けてもらいたいと思います


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

江口じゅんこ

Author:江口じゅんこ
生年月日 1975年 11月5日
出身地 目黒区
出身校 都立桜町高校卒→都立荏原看護専門学校卒
経歴 都立松沢病院に 2010年9月30日まで
看護師として12年半勤務

2011年4月世田谷区議会議員初当選
2011年6月現在、
区民生活委員会委員、
環境エネルギー問題対策特別委員会副委員長、
子ども青少年問題協議会委員

連絡先 〒154-0017 
世田谷区世田谷4-21-27
日本共産党区議団控室
TEL:5432-2791
FAX:3412-7480
E-mail:eguchi@jcp-setagaya.jp

江口 じゅん子ホームページ
http://egucheese.net/link

日本共産党世田谷区議団ホームページ
http://www.jcp-setagaya.jp/kugidan2/jcp-setagaya-kugidan/toppu/toppu.html





趣味 旅行

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。