スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月議会 代表質問より 「行革」計画について

今日は寒くて一日中雨で、何なんでしょ?っていう天気でしたね

私は午前中、
地域の後援会(私の後援会ではなくて、『日本共産党』の後援会です。ちなみに私の後援会なるものはありません) の方と、地域まわり

この雨のなか、地域をまわろうという後援会の皆さんに脱帽しつつ、
初めて訪問したところでは思わぬ対話になり(『たまにホームページ見てます、確かな野党って言ってますよね?』)、行動して良かったと思いました。


さて、軽く私の今日の活動報告をさせてもらいましたが、以下本題の代表質問報告です


次に「行政経営改革計画」について質問します。

 区は、9月15日の区報で来年度実施する区民負担増の詳細を発表しました。

高齢者では、紙おむつ支給・おむつ代助成の削減。
子育て世帯には、認可保育園保育料の値上げ、区立幼稚園保育料の値上げ、新BOP学童クラブの有料化。
そして、区民全体に施設利用料の値上げです。

来年度の区民の負担増と削減の影響額は約4億5千万円です。

 83歳、要介護4の妻を在宅で介護している85歳の男性は「介護で一番大変なのが排泄。日になんどもかえなくてはならない」「わずかな年金では生活できず、貯金を取り崩している」と話してくださいました。
紙おむつ支給が削減されれば、負担が更に大きくなります。

 子育てにはお金がかかります。家族が増えれば住宅のスペースが必要になり、家賃や住宅ローンの負担が重くのしかかります。子どもが大きくなり、高校、大学と進んでいくには、教育費の負担もかかります。子どもが小さいうちから将来に備えた貯金をはじめなければなりません。しかし、不況で給料は増えません。保育料値上げ、学童クラブ有料化は、子育て中の区民にさらに今後何年にもわたって新たな負担を負わせるものです。

 施設使用料の値上げは5年前に引き続く値上げで、施設によっては5年前の2倍の利用料になるものもあります。

ある障害者団体は、年に1度の新年会を三茶しゃれなーどで行なっていました。カラオケの設備もあり喜ばれていました。

ところが、前回の値上げ以降、会員からの会費を上げられず、この会場は使えなくなってしまいました。施設使用料値上げは、市民活動にブレーキとなります。
Q,世田谷区は介護や子育てに頑張っている家庭を応援し、福祉を増進することが一番の仕事ではないでしょうか。
市民活動を支え、社会への区民参加を進めるのが区の仕事ではないでしょうか。負担増はこれらに逆行します。
区民負担増の撤回を強く求めます。

 平成21年の区報財政特集号は「非常に厳しい財政状況で、今後3年で貯金が半分以下」になると宣伝しました。

結果は平成20年度末に722億円だった基金は、3年後630億円と依然、史上最高規模の基金残高を保っています。
「3年で半分」は虚偽でした。

9月15日の今回の区報でも、同じ趣旨が書かれています。また区民をだますことになるのではないでしょうか。

 先日発表された財政指標でも、区の財政は「健全」だということが示されました。区民負担増の必要はありません。

 一方、大型道路整備には多額の予算が投入されてきました。 使い残しも多額です。

22年度4億円、23年度6億2700万円です。

1年分の使い残しだけで、今回の区民負担増をまかなえる金額です。これだけお金を余らせても、実施計画の実施結果でも、この事業の目標達成度は98%で「目標についてはほぼ達成しており、円滑な道路ネットワークの形成が着実に進んでいる」と評価されています。

 道路事業費の大部分は土地購入費と補償費です。
これまで購入されて使用されていない土地が沢山残されています。
道路事業部が普通財産として保有している土地は約2万㎡105カ所。
その内訳は道路代替地と先行買収した道路用地です。

道路代替地とは、地権者の立退き先として確保している土地です。約1万6千㎡保有しています。15年以上保有し続けている土地が約45%,約7000㎡。もっとも長く保有している物件は26年間です。
Q, 道路予算は過剰です。減額するとともに、計画を見直すべきです。使われていない土地は、保育園を整備するなど、有効活用すべきです。

 世田谷区は、前熊本区政のもとで、二子玉川再開発や小田急線の連続立体化、都市計画道路の整備などがすすめられ、歳出に占める土木費の割合が大幅に増えました。

今新たに京王線連続立体化事業が始まり、関連する都市計画道路の開発計画が目白押しです。
Q,区の財政構造を見直し、 前熊本区政のもとで膨張した都市計画道路や開発の予算を圧縮し、福祉や震災対策などの緊急課題へまわすべきです。答弁を求めます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

江口じゅんこ

Author:江口じゅんこ
生年月日 1975年 11月5日
出身地 目黒区
出身校 都立桜町高校卒→都立荏原看護専門学校卒
経歴 都立松沢病院に 2010年9月30日まで
看護師として12年半勤務

2011年4月世田谷区議会議員初当選
2011年6月現在、
区民生活委員会委員、
環境エネルギー問題対策特別委員会副委員長、
子ども青少年問題協議会委員

連絡先 〒154-0017 
世田谷区世田谷4-21-27
日本共産党区議団控室
TEL:5432-2791
FAX:3412-7480
E-mail:eguchi@jcp-setagaya.jp

江口 じゅん子ホームページ
http://egucheese.net/link

日本共産党世田谷区議団ホームページ
http://www.jcp-setagaya.jp/kugidan2/jcp-setagaya-kugidan/toppu/toppu.html





趣味 旅行

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。