スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月議会 質問報告 二子玉川再開発

今日は、引き続き9月議会の質問報告を行います

なお、質問と答弁は概要で、
区の公式の記録ではありません。

映像記録は、区の公式のホームページから見ることができますので、確認してみて下さい


●二子玉川再開発について

・4月に二子玉川の地元住民が住民アンケートを実施した。再開発による様々な被害や意見が寄せられた。

・ その中身を少し紹介すると、
「以前は多摩堤通りに出ると風が弱くなっていたが、今は風が強くて倒れそうになる」「訪問看護スタッフが自転車で移動しているが、強風と歩行の悪さで身の危険を感じている」「地下道あるいは横断歩道に屋根を付けトンネル状に。」「根本的解決のためには、2期ビルの高さを下げさせるとか区が指導して欲しい」、「FMラジオの雑音がすごい」「タクシー強盗があった。救急車・パトカーが多くなって、盛り場のようになった」等々で、区がこのアンケートを集計したら90項目あったとのことだった

・ 7月には区長が住民に会い、特に風害に関して「実態把握・対策・早急に最大限行う」旨の発言があったと聞いている

・ しかし、問題はそれだけではない。
90項目のアンケート結果を読むと電波障害、日照、工事中の音や交通障害、人手が多くなったことによるマナーや治安の問題、ガレリアでのイベントの騒音問題等々今後もこうした問題は続いていくし、解決の必要がある。

Q,だが、1期事業の施工者である二子玉川東地区市街地再開発組合は、事業終了によりと解散となる。今後のスケジュールなど明らかにされたい。

A、9月27日解散総会、都に認可申請、近く解散予定と聞いている

Q,解散後の今後の問題解決はどこが行うのか

A,二子玉川東第二地区市街地再開発組合が対応する

Q,第2の組合も2期事業終了後は解散となる。
1期工事により起きた様々な問題は今後も続いていく。2期事業では多摩堤通り沿いに、ホテルや楽天が入ると言われている百三十七メートルの高層ビルがまた建つ計画だ。計画の見直しをしない限り、被害は続く。

最後まで問題解決を事業者にさせるために、組合解散後に作られる1期・2期の「管理組合」にきちんと問題を引き継がせるべき。区の見解は。

A,問題が残らないようにしたい


私は最後に、
区として問題をきちんと管理組合に引き継がせることを要望しました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

江口じゅんこ

Author:江口じゅんこ
生年月日 1975年 11月5日
出身地 目黒区
出身校 都立桜町高校卒→都立荏原看護専門学校卒
経歴 都立松沢病院に 2010年9月30日まで
看護師として12年半勤務

2011年4月世田谷区議会議員初当選
2011年6月現在、
区民生活委員会委員、
環境エネルギー問題対策特別委員会副委員長、
子ども青少年問題協議会委員

連絡先 〒154-0017 
世田谷区世田谷4-21-27
日本共産党区議団控室
TEL:5432-2791
FAX:3412-7480
E-mail:eguchi@jcp-setagaya.jp

江口 じゅん子ホームページ
http://egucheese.net/link

日本共産党世田谷区議団ホームページ
http://www.jcp-setagaya.jp/kugidan2/jcp-setagaya-kugidan/toppu/toppu.html





趣味 旅行

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。