スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成25年第1回定例会 質問報告 ニート・引きこもりなどの若者支援について

今日は、私の一般質問が行われました


この間、ニートや引きこもりの若者の支援を
しているNPO法人を視察したり、
そこに通っている若者とお話を聞かせて頂いたり、
「せたがや若者サポートステーション」という
若者の就労支援を行っているところを
視察してきました。


調べたことや問題意識・・・、
以下のように質問をしたので、
長いですが全文と区の答弁(区の答弁は要旨です)をご報告します

[一般質問報告]
 次に、若者の支援について質問します。

 1月7日付毎日新聞に
「就活生『失敗で自殺』増加、NPOが悩み調査、心のケアも」
という記事が掲載されました。
 記事では、就職失敗を理由に自殺した10〜20代の若者は、
2011年は百五十人、大学生等学生は五十二人であり、
2007年と比べ2・5倍に増加と報道しています。
 また、厚労省では、長期化する就活・内定が得られないことによる
心理的負担が大きいと、「新卒応援ハローワーク」に臨床心理士を配置しています。

 私は、就活で心を疲弊させ自分を責め、
自殺する若者が増加していることに、日本の若者の「生きづらさ」の深刻さを感じました。

 先日、会派でニート・引きこもり等の若者支援を行っている
「しながわ若者サポートネット」を視察しました。
運営は、東京都若者社会参加応援事業の登録・研究団体であるNPO法人です。
事業内容は、相談・カウンセリング、気軽に集まり、
利用者の特性・関心に合わせ、レクや体験活動をする「フリースペース」、ボランティアや仕事体験を行う「社会体験活動」です。
 ある20代の若者は、病気や親との関係等で小6から不登校、引きこもりとなったが、
ここに通うようになり、「変わりたい」という気持ちを後押ししてもらった、現在は定時制高校に通学していると語っていました。


 厚労省の調査では、全国でニートは64万人、引きこもりは約32万世帯とされています。
国は平成22年に子ども・若者育成支援推進法を施行。
目的では、
「日本国憲法及び児童の権利に関する条約の理念にのっとり、子ども・若者をめぐる環境が悪化し、社会生活を営む上での困難を有する子ども・若者の問題が深刻な状況にあることを踏まえ、健やかな育成、社会生活を円滑に営むことができるよう、総合的な育成支援のための施策を推進」するとしています。

地方自治体には、総合相談センターや民間を含めた若者支援に関わる様々な機関で構成する地域協議会設置が努力義務とされました。

 今般、区より若者支援の専管組織立ち上げが提案されました。
わが党として、この取り組みに期待し、注目するものです。

Q,専管組織と「子ども若者育成支援推進法」との関係と
今後の取り組みについて区の見解を伺います。

A,区 子ども部部長「区の若者支援の取り組みを…法の示す考えと整合性を図りつつ、
総合的な施策として展開するため、子ども部に新組織を設置する」
「庁内関係所管だけでなく、地域団体やNPO、事業者などと連携・協力を進める」
「生きづらさを抱える若者の支援等取り組みを進めていきます」


Q,引きこもりやニートに至る前段階に、
不登校やいじめ、中退経験者が多いとの報告があります。先に述べたNPOスタッフは、中退等で学校との関係が切れると、その後の支援に結びつかない、と話されていました。
特に教育委員会等学校との連携が重要と考えますが、見解を伺います。

A,区 子ども部部長
「引きこもりの予防には在学中から相談や
中退後の早期支援に結び付ける取り組みが重要」
「学校や教育委員会との連携がかかせず、
今後効果的な方策を検討してまいります」



Q、また、今から出来る取り組みとして、
普及・啓発活動に迅速に取り組むことを要望します。
サポステや東京都若者社会参加応援事業等のパンフレット等を
若者・家族の目の届く場所、学校・図書館・区施設等への設置を求めます。見解を伺います。


A,区 子ども部部長
「区の様々な窓口での配布のほか、
若者がよく利用する場所や商店での配布・インターネットの活用も含めて、
若者の声を参考にしながら、
啓発活動に努めてまいります」

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

江口じゅんこ

Author:江口じゅんこ
生年月日 1975年 11月5日
出身地 目黒区
出身校 都立桜町高校卒→都立荏原看護専門学校卒
経歴 都立松沢病院に 2010年9月30日まで
看護師として12年半勤務

2011年4月世田谷区議会議員初当選
2011年6月現在、
区民生活委員会委員、
環境エネルギー問題対策特別委員会副委員長、
子ども青少年問題協議会委員

連絡先 〒154-0017 
世田谷区世田谷4-21-27
日本共産党区議団控室
TEL:5432-2791
FAX:3412-7480
E-mail:eguchi@jcp-setagaya.jp

江口 じゅん子ホームページ
http://egucheese.net/link

日本共産党世田谷区議団ホームページ
http://www.jcp-setagaya.jp/kugidan2/jcp-setagaya-kugidan/toppu/toppu.html





趣味 旅行

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。