スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6年間

今日は午前中の地域のご挨拶まわりから始まりました


そこで、私はある方にお会いしました。

その方は、6年前に
「砧公園に車椅子の妻を連れて散歩にいくが、駐車場近くのトイレは和式のため、車椅子では入れない。何とかしてほしい。」
と共産党砧後援会に要望を下さっていました。

共産党砧後援会とたぞえ民夫都議が協力して、東京都に何度も申し入れを行い、
この度
砧公園に「誰でも使えるトイレ」2箇所の増設をすることが出来ました

改めてそのご報告に行ったのですが、実はもう奥様はお亡くなりになっています。

その方は
「本当は妻が元気なうちにトイレが出来たことを伝えたかった、
でも今も車椅子や赤ちゃん連れの利用者はいるし、出来て本当に良かった。
皆さん、喜ぶと思いますよ。」
とおっしゃって下さいました


車椅子や赤ちゃん連れの方も利用出来るトイレを作るのに、6年間かかる・・・
皆さまはどうお感じになりますか。

一方で、
石原都知事は自身の海外視察
(例えば北京オリンピック開会式に1泊2日の出席で随員含め1275万円使用)や
オリンピック招致(5回の海外視察に
1億4322万円使用)に莫大な私たちの税金を使用ます。

もちろん私たちは、どんな知事の下でも、皆さまの要望を実現するために行動します

でも、やはり都政を変える必要があると思います。

都知事選に立候補を表明した小池 あきらさんは「何が大切、といえばまず福祉」と言われました。

小池さんが都知事になれば東京も世田谷も変わります

皆さま、ご一緒に東京と世田谷の世直しをしていきましょう

そして、
小池 あきらさんが世田谷で初めて訴える場となる
2月27日(日)2時から成城ホールでの
「江口じゅん子さんと世田谷区政に春を呼ぶつどい」に
皆さま、是非ともいらして下さい

私も小池さんと力を合わせて頑張ります

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

江口じゅんこ

Author:江口じゅんこ
生年月日 1975年 11月5日
出身地 目黒区
出身校 都立桜町高校卒→都立荏原看護専門学校卒
経歴 都立松沢病院に 2010年9月30日まで
看護師として12年半勤務

2011年4月世田谷区議会議員初当選
2011年6月現在、
区民生活委員会委員、
環境エネルギー問題対策特別委員会副委員長、
子ども青少年問題協議会委員

連絡先 〒154-0017 
世田谷区世田谷4-21-27
日本共産党区議団控室
TEL:5432-2791
FAX:3412-7480
E-mail:eguchi@jcp-setagaya.jp

江口 じゅん子ホームページ
http://egucheese.net/link

日本共産党世田谷区議団ホームページ
http://www.jcp-setagaya.jp/kugidan2/jcp-setagaya-kugidan/toppu/toppu.html





趣味 旅行

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。